組織診断


組織診断とは?

組織診断とは従業員意識調査(ES調査)になります。

300名以上など組織規模が大きい会社では毎年実施し、現状の組織状態を把握、分析し

業務改善などを行っています。

しかし、中小企業では従業員意識調査を実施している会社は少ないのが現状です。

 

 中小企業の経営者の方の中には

全員の顔が見えているから必要ない

従業員のことは分かっているから大丈夫

言いたいことはお互いに言える社風だから問題ない

 

と、思われている方が多いと思います。

しかし、実際に弊社サービスでの調査結果は

経営層として、現場を理解していると思われている方は86%いらっしゃるのに対して

従業員は、経営層が現場を理解してくれないと思われている方が83%いらっしゃいます。

経営者と従業員の意識には大きなギャップがあります。

経営層と従業員のギャップ画像

本音が拾えていないのです。いくら一枚岩で家族のような関係でも

両親に言い辛いことがあるように、一人一人の距離が

近いほど本音を言えない状況や場合があるのです。

闇雲に組織マネジメントをするのではなく組織の現状を知るために数値的な調査と分析を行い、

普段拾い上げることが出来ない従業員の本音や、潜在的な意識を抽出データ化して、

客観的に経営の改善に活かせるようにするためのツールが【組織診断】となります。

なぜ弊社が組織診断をするのか?

私達はITを活用することで働くことを喜んでもらいたい、楽しんでもらいたいを目的に活動しているのですが、

ITを導入しても、ITが上手く浸透しないというケースに何度も遭遇しました。

なぜITが浸透しないのか?

それはITを使う人の人間関係や組織の問題ということに気づき、

「組織の課題」を明確化し改善するための指標を作成することが何よりも大切だと考え、

【組織診断】を自社開発いたしました。

他社の組織診断との違い

・積極度という独自の診断軸

sekkyokudo

一般的な組織診断は「満足度」をあるいは「重要度」「満足度」

調査しますが弊社の診断は、

さらに各項目に対して積極性・自信・誇りなどを調査する

「積極度」という診断軸を持っております。

弊社独自の「重要度」「満足度」「積極度」の3軸診断により

より深く的確に、従業員の意識を読み解くことが可能です。

・IT環境の診断が可能

これからの時代、ITを使っていくことは必要不可欠です、

従業員の皆様がITの環境について実際はどう感じられているのか

現在の環境が最適な状態なのかどうかを把握できます。

「組織診断」一般的な流れ

cimg10

ゴール達成

診断の分析結果から、貴社にとって

どのような順番や手段で組織改善をおこなっていくべきか

TV会議の打ち合わせにて、ご一緒に検討させていただき方針を固めます。

また6ヶ月に一度、組織診断を実施することで

6ヶ月前と比べてどこが改善されたのか?良くなったのか?

継続的に組織マネジメントを数値的に検証することで

よりよい経営判断を最小限の負荷で続けることが可能です。

その取り組み自体が、組織のボトムアップを活性化し

経営層の方も従業員の皆様も、喜び楽しみながら働ける職場環境につながり、

延いては顧客満足の向上、会社としての強い組織力を作り上げていきます。

組織診断後の変化

  • 気付かなかった組織の課題に的確に対応できる

  • 従業員の本音を知った上で経営ができる

  • 経営者と従業員のギャップを知った上で経営ができる

  • 従業員満足度が顧客満足度を上げ、業績につながる

導入事例

  • KDDIウェブコミュニケーションズ様
  • シナジーマーケティング様
  • ChatWork様
  • ZOHO様
  • 中央会計様
  • 吉兆(介護老人ホーム)様
  • アールキューブ様

もっと詳しく知りたい方はこちらから

shindanbanner2

 

 

cimg13

Permanent link to this article: http://www.chatwork-academy.jp/service/investigate/