«

»

8月 16

文字入力のスピードを劇的に向上させる。コピペ活用術


th_482224189

一度コピーした文字を記憶させ何度も呼び出して効率アップ!

同じ言葉を何度もコピー&ペーストしたり、同じ文章をその都度入力していませんか?

キーボード操作に不慣れな人はもちろん、タッチタイピングができる人も
長文の文字入力を苦痛に感じることはありませんか

 

クリップボード履歴ソフトを活用すると、
連続してコピーした複数の文字を連続してペーストすることができます。
また、ソフトによってはあらかじめ登録しておいた定型文を
ショートカットキーで呼び出すことができます。

準備するツール・ソフトウェア

  • CLCL - ウィンドウズ用のクリップボードユーティリティソフトです

活用シーン(動画)(再生時間:48秒)

手順

CLCL開発元のWebサイトからプログラムをダウンロードします。

[インストール]

ダウンロードしたファイルが自己解凍書庫の場合はファイルをダブルクリックするとファイルの解凍が始まります。
解凍先のフォルダを選び「OK」をクリックします。

clcl_install_001

lzh形式の圧縮ファイルをダウンロードした場合は、対応した解凍ソフトを用いて解凍します。

解凍されたフォルダの中にある「CLCL.exe」をダブルクリックでプログラムを起動します。

clcl_install_002

スタートアップフォルダにCLCL.exeのショートカットを入れておくと、 Windowsの起動時に自動的にCLCLが起動します。

clcl_install_003

[クリップボード履歴の呼び出し方]

会社概要から社名・住所・電話番号を効率良くスプレッドシートコピー&ペーストする場合の手順を例に挙げて説明します。

まず、コピーしたい会社概要が記載されたページを開きます。

社名 株式会社IT実践会
住所 大阪府吹田市IT町14-14
電話番号 06-1414-1414

コピーしたい部分をドラッグしてコピーする作業を連続しておこないます。
次にペーストしたいドキュメントを開き、ペーストしたいセルにカーソルを合わせ、CLCLのメニュー呼び出しキー「ALT+C」を押します。
過去のコピー内容が表示されていますので、ペーストしたい内容をマウスで選択します。

clcl_use_001

 

[登録アイテムの使い方]

CLCLにはよく使う定型文などをフォルダにわけて登録しておくことができる「登録アイテム」があります。

登録アイテムにインポートする方法

こちらのリンクからサンプル登録アイテムをダウンロードします。

タスクトレイにあるicon_clcl  アイコンをダブルクリックでCLCLのビューアを開きます。

「ファイル」→「インポート」をクリックし、ダウンロードしたsample.datを選択して「開く」ボタンをクリックします。

clcl_import_001

インポートするデータは「登録アイテム」の内に登録されます。

clcl_import_002

特定サブフォルダ内に登録したい場合はフォルダを指定します。

clcl_import_003

登録アイテムの編集の仕方
タスクトレイにある  アイコンをダブルクリックします。

左側の表示部分にある「登録アイテム」を開き、編集したい項目をクリックし、 右側の編集エリアを自由に修正します。

clcl_edit_001

修正は直ちに反映されていますので、編集が終わればそのままビューアを閉じても大丈夫です。

登録アイテムはフォルダで階層化することができます。
CLCLのビューアーから新しいフォルダや新規アイテムを簡単に作成できますので、
使いやすくカスタマイズしてご活用ください。

関連リンク

Permanent link to this article: http://www.chatwork-academy.jp/clcl/